4
4月

消費者金融はいざという時の強い味方

かつてのイメージはもうない

「サラ金」と言うとかつては取立てが厳しい、高金利などイメージとしてはネガティブなものでした。
しかし、最近の消費者金融は企業努力や法改正などがあり、我々にとっては資金調達手段としては欠かせないものになってきたのです。
取立てに関しても貸金業法の改正により、深夜の電話や訪問での督促は禁止され、高金利に関しても、利息制限法によって上限金利を銀行と同じくすると言った法改正があり、法制限においては銀行となんら変わりはなくなりました。

いざという時はキャッシングが主流です

一昔前なら、ちょっとしたお金は親から借りる、友人から借りるなどの手段を用いたと思いますが、最近ではカードローンでのキャッシングがほとんどではないでしょうか。
コンビニATMの前に立ち暗証番号と必要金額を入力さえしたら問題解決です。
誰に迷惑をかけるわけではなく自分で問題を解決できる、そんな手段がキャッシングではないでしょうか。
例えば急に親戚に不幸があり香典や交通費を含めて10万円必要だとしたら、キャッシングが最適です。
このようにキャッシングは生活するうえで安心感を提供してくれるのです。

消費者金融の優位性

キャッシングする上でなんと言っても消費者金融が最適ではないでしょうか。
なぜなら、審査が早くて、例えばその日の午前中に審査を受けたらその日のうちに借りることが出来るのです。
銀行カードであればカード到着に少なくても一週間くらいは必要になります。
それが欲しい時にタイムリーにサービスを提供してくれるのが消費者金融のキャッシングなのです。

消費者金融のキャンペーンを上手に利用する

消費者金融のキャッシングは、銀行カードに比べ金利が高いと言われますが、確か銀行からお金を借りて消費者にお届けすることから銀行カードより金利は高めですが、その分金利がゼロになるキャンペーンがあり、そのようなキャンペーンは銀行カードにはありません。
それを上手に利用したら金利を払わないで返済することも出来るのです。
住宅ローンなどとは違いカードローンのキャッシングは小額なので金利よりも使い勝手の良さで選んだ方が良いのではないでしょうか。