限度額はどうなっているのか

カードローンのカードが作れたからといっていくらでも借り入れができるというものではありません。借入限度額という設定がされているのです。この借入限度額は人によって様々な設定になりますが基本線としては消費者金融や信販会社のカードローンにおいて総量規制にのっとり年収の三分の一以下しか借り入れができないことになっていますので、最高でもその金額ということになります。他社からの借り入れがすでにある場合は合算しての枠ということになりますので借入限度額は必然的に下がることになります。銀行系のカードローンは総量規制はかかってきませんので別枠での設定が行われることになります。カードローン自体に予め設定されている借入限度額の最大額は300万円とか500万円とか色々です。借入を行う消費者がどれだけの希望額を出したとしても、どれだけの金額を貸すのかを決めるのは金融機関となります。自分が希望した金額が借りれるというわけではないのです。総量規制以外に何を基準に借入限度額の設定がされるのかということになると、年収の多い少ない、資産の有無、定職について何年が経過しているのか、安定した会社に勤めているのか、正社員なのか派遣なのかアルバイトなのかパートなのかといったことで左右されることになります。要は安定した仕事をしていて給料も多く社会的地位も高い人ほど優遇されるということになるのです。ただし、そうした人でもすでに他社からの借り入れが多い人などはこの限りではありません。
モビットは電話連絡なしで借入できます!《WEB完結申込の場合》